ソフトウェア開発事業

汎用系から組込み系開発まで!

時代と共に変わる開発手法や開発言語に柔軟に対応!

OEM提供をメインにアプライアンス機器を開発!

これからも進化し続けるICT技術に対応したソフトウェア開発

進化するソフトウェア開発体制

日々、進化し続けるICT技術に対応した社内の開発体制を構築。併せて社内教育体制を整える事であらゆる顧客のニーズに対応してきました。

1993年 汎用系 開発言語COBOLやPL/1と1990年代前半から実績を積み重ねてきたIBM-DB2(RDBMS)を主とした受託開発を目的として起業。
1997年 OPEN系 時代がダウンサイジング化を求め、企業がUNIXサーバを活用したシステム構築を手掛けるのと同時にそれまで社内で培ったOPEN系の受託開発を開始
2001年 WEB系 小規模のWEB系開発を開始。
顧客が従来の大手企業から始めてITビジネスを手掛ける中小企業となり、それまでの要件定義⇒仕様書作成⇒プログラム開発⇒結合テストという手順に準じた開発と顧客の開発予算が合わず苦労する。
2003年 Linux系 SERVER24:オープンソーソシステム(OSS)をベースに独自のアルゴリズムを組み込んだサーバ・ネットワークの自動運用管理システムを開発。これにより95%以上の自動化が可能となり社内の24時間体制を最小化したサーバ運用管理サービスをソフトウェア開発事業者やデータセンターなどにOEM提供。
※サービス名称:Security24
2005年 組込系 GUARDIAN24:独自にカスタマイズしたSmall Linuxをベースに、国内初となるKASPERSKY(AntiVirusSoftware)を組み込んだ中小企業向けセキュリティ・ゲートウェイをNECと共同開発
※現在の株式会社Kaspersky Labs Japanとは何ら関係がありません。
2007年 組込系 POPCHAT:POPHATシリーズでは第2世代となるSecurePOPCHATを開発。セキュリティ機能が大幅に向上したWindows VISTA対応に加えてPOPCHATの自動稼働システムを組み込む事でホテルのネットワーク障害を最小化!
2009年 組込系 G-FOX:当社の組込系技術とグラスルート社のログ解析技術を組み合わせた”情報漏洩抑止システム”を中小企業向けの情報漏洩抑止サービスG-FOXとしてサービス開始!
2011年 組込系 AD-Force:導入実績1,700台を誇るホテル向けゲートウェイサーバ”POPCHAT”で蓄積されたゲートウェイ技術を応用したマンションやアパートなど集合住宅向けの広告配信ゲートウェイ・サーバを開発!
更には純国産の開発言語Ruby on RailsによるAD-Concierge(アドコン)を開発。

※受託開発分の実績の詳細は記載より除きます。

サイト内検索

関連製品・サービス

テナントガイド、貸事務所・貸し店舗・賃貸オフィス・貸し倉庫などテナント賃貸専門の不動産情報提供サイトのバナー